1. 一人の日々にサヨナラしよう
  2. まずは行動することから

一人の日々にサヨナラしよう

まずは行動することから

親しい友人同士で集まると、「良い出会いがない」と愚痴をこぼすような人が一人か二人はいるものです。
すでに結婚している人や恋人がいる人がいれば、そんな愚痴に対して「会社にいい人はいないのか」「合コンのセッティングでもしようか」などとアドバイスをしたり、友人として協力する姿勢を見せたり、何かしら前向きな言葉をかけるでしょう。
話を聞いてくれる友達の態度に、愚痴をこぼした本人もそれなりに満足するはずです。

しかし、恋人がいない者ばかりで集まってしまった場合は少々問題です。
「恋人がほしい、出会いがない」と一人がぼやき始めると、他の人達にもすぐさまその愚痴や嘆きが伝染してしまいます。
かわいい女の子がある日突然自分の目の前に降ってこないだろうかと夢見てみたり、素敵な男性が白馬に乗って現れないだろうかと乙女チックな夢を抱いたり、そのまま取り留めもなく、未来の展望もない都合の良い妄想話で盛り上がり、結局虚しさと寂しさだけを残してお開きになるでしょう。

溜まった鬱憤やストレスを晴らすために愚痴や不満を口に出す事は悪いことではありません。
しかし出会いがないと愚痴を言うだけで、未来を切り開くための行動を一切取らないのでは時間の無駄でしかないと言えるでしょう。
良い出会いとは待っていても生まれないのです。
不満を言っている人も、本当はそのことを理解しているはずです。
しかし行動するだけの気力が足りず、行動してもどうせダメだろうという自己否定が先にたってしまうため、重い腰を上げるどころか深く沈みこんでしまう人も多いでしょう。

出会いを求めているものの、なかなかそれに向けての行動が出来ないなら、出会いアプリは正に最適な愚痴解消ツールとなるはずです。
アプリ上には出会いを求めて集まった多くの参加者がいます。
仮に「出会いが欲しい」とアプリ上で呟けば、見知らぬ誰かから賛同の反応が返ってくるかもしれません。
それが意外な恋のきっかけになる可能性はゼロではありません。
友達相手に愚痴をこぼすくらいならアプリに登録して行動してみましょう。